毎月の負担が殆どない、良いことばかりのマンション投資ですが、このマンション投資にリスクはないのでしょうか。当然投資ですから、マンション投資にも当然リスクがあります。具体的にはどういうリスクがあるのかご紹介をします。最大のリスクは、マンション投資の目的が達成できないということです。

売却できないリスク

マンション投資の最大の目的のひとつは、一つはキャピタルゲインを狙って安い時に購入して高い時に売却をするというものです。こちらについては、今や新築マンションを購入すると、その日から中古マンションとなるため、その後10年間は価格が下落するというのが現状です。したがって、もしキャピタルゲインを狙う場合には、建築後10年超の中古マンションを狙うということが良いでしょうね。ただ、中古マンションのマーケットは変動率がとても高いですから、よほど景気が右肩上がりとかバブル期にならないとやはり難しいといえます。したがって、キャピタルゲインを狙ってマンションを購入したものの、値上がりがしないため、売却ができなくなる、或いは売却をしても損切りになってしまうということが、この投資方法のリスクということが出来ます。

賃貸がつかないリスク

次に一つのマンション投資の最大の目的は、家賃収入です。家賃収入は、マンションの支払いに直結をしますので、とても重要な要因となります。この場合のリスクはと言うと、マンションに賃貸人がつかないということです。マンションに賃貸人がつかない一番の理由は、何と言っても家賃が高いということですね。通常同じタイプのマンションが10万円で賃貸に出しているから、少し12万円で募集をしてみようということをすると、まずは賃貸が付くというのは難しいでしょう。これは支払う方もよほど付加価値があれば別ですけれども、同じような条件であれば、安いほうが払いやすいということもあり、需要があります。また、不動産賃貸の営業マンも自分たちの収益を一番に考えますから、確実に売上になるマンションを優先的に紹介しますから、同じタイプのマンションで家賃が高いと賃貸がつかなくなります。一方で、不動産を購入する際に利用したローンは毎月決まった日に銀行口座から引き落とされますので、家賃収入が入らなければその分自分で負担をしないといけなくなります。したがって、賃料重視のマンション投資の場合は、賃貸人が付きやすいようなマンションや賃料を設定しないと、確実に失敗をするということが出来ます。