購入したデベロッパーが倒産した場合

マンション投資で失敗する例にはどんなものがあるのかご紹介をします。マンション投資は、株式投資に比べれば、ハイリスクハイリターンではないですし、何よりも不動産が残りますので、株式投資のように会社が倒産をしてしまったら、株が無価値になってしまうということはありません。ただ、マンションの発売した会社や管理した会社が倒産をするということは、この業界はよくあります。それは、マンションを建築する場合に大きなお金が動きますし、マンションを建てるためには、マンションのデベロッパーも銀行などから融資を受けて建築をしているからです。マンションのデベロッパーが倒産するとどうなるのかと言うと、管理系には大きな影響を与えます。まずは、そのデベロッパーが管理をしているマンションであれば、管理ができなくなりますし、管理を外注している場合でも倒産をしてしまえば、その費用は払えませんから、管理を委託している会社も管理ができなくなります。管理されなくなったマンションは、一気に陳腐化してしまうので、マンションの建物の価値が下落をしてしまいます。これを防ぐ方法としては、まずは将来そういう不安のないデベロッパーを選んでマンションを買うということです。そのあたりをしっかり見極めるということが大切です。

家賃収入のリスク

次の失敗例としてあげられるのは、以前もご案内をしましたが、賃貸人がつかないということですね。マンション投資の場合は、住宅ローンの支払を家賃収入に当て込んでいることもあって、家賃収入が入らないと支払いに大きな支障を来します。そのためにはどのようなリスクヘッジをする必要があるのかというと、まず、賃貸人が必ず付くような立地条件であるということが必要です。ではどういうことが必要なのかと言うと、入居者にとって通勤や通学で便利なリッツ条件であるかということです。そのためには、まず駅から近いと言うのは絶対条件です。また、近ければ近いほど経済価値も上がるので、その分賃料も上げることも可能になります。まずは、立地条件をしっかりチェックするということがとても大事です。次に家賃の金額が相場に適合しているかどうかということです。賃料は負担する方は、付加価値と言うものがなければ、安い方が先に賃貸人がつきます。したがって、大幅に安くする必要はありませんが、駅から近いんだから、強気の家賃設定とかすると、なかなか賃貸がつかなくなってしまいますので、まずは、家賃をいくらにするかは、よく専門家や周辺の状況を確認して、適正なものにしましょう。