投資には様々な手法があります。特に代表的な投資としては株式投資があります。こちらは歴史が古いですし、様々な手法があります。株式投資以外に資産を増やす方法には、貯金という方法もありますが、今や低金利ということもあり、なかなか旨味があるものではありませんし、インフレが進んでしまえば、お金の価値が下がってしまいますから、利息がついても、結局お金が目減りしてしまうので、結果的には資産を増やすということにはなりません。では外貨預金と言う声がありますが、こちらも為替のリスクが大きいですし、変動がありますから、よほど専門的に研究をしないと資産として残すと言うのは難しそうです。その点、不動産投資については、不動産というものが残りますので、資産形成としては為替などに比べると、安定感はあります。

実際に、外資の金融機関は不動産投資を積極的に行っているということを考えてみると、我々一般人も検討してみる勝ちがあるのではないかと思います。ただ、大型の案件などを個人で投資をするのは絶対に無理ですから、そうすると、一般人でも不動産投資は出来るのかということになりますが、こちらは結論から言うと出来るのです。どういう手法があるのかというと、マンションに投資をすればいいということになります。

マンション投資の種類:値上がり益を狙う

では、マンションを投資するという点で考えた場合にどういうメリットが有るのでしょうか。マンション投資のタイプは、大きく分けると2つあります。一つは、マンションを安い時に購入して、価値が上がったら、それを売却して、その売却益を甘受すると言うものです。ただし、このやり方としては、後ほど詳しくご案内をしますが、マンションの価格がいつ安いのかということを見極めるのは難しいですし、売却する時期をいつにするのかということを見極めるのはとても難しいです。特に今の日本では、新築のマンションを購入すると、その日から中古マンションになってしまって、価格が下落をしていくということもあり、現状でキャピタルゲインを得る方法というのは、なかなか難しいというのが現状です。

マンション投資の種類:賃貸収入を見込む

マンション投資のもう一つのタイプは、こちらは賃貸に出すということですね。マンション投資の場合、購入価格が投資金額になるので、投資金額に対してどれだけ家賃収入が見込めるのかという修正規制を重視します。この方法は売却メインの投資方法に比べる安定していますが、最大のリスクは入居者の問題ですね。いくら想定家賃が高いと言っても、家賃収入が入らなければ、意味がありません。このリスクに対してどうするのかと言うのが、賃料収入を見込む投資方法の問題点です。